フィナステリドを使用する時は女性に触れさせない

日本皮膚科学会が認めた数少ないAGAの正式な治療薬、それがプロペシアです。
AGAの原因となるジヒドロテストステロン生成に関わる5αリダクターゼを阻害してくれるため、服用している間はヘアサイクルが正常に戻り、薄毛を改善することができるでしょう。
そんな効果を持つプロペシアの主成分となるのがフィナステリドです。

フィナステリドを服用している限りは薄毛の進行を抑えられるので薄毛に悩む方にとっては画期的な薬です。
とはいえ、服用をやめたとたんにまた薄毛は進行を始めるため完治させる薬とは言えません。
まだ現在の医学では薄毛を治すことは不可能なのです。それに効果が強い分、恐ろしい副作用も持っているのです。
フィナステリドを女性が触れることは禁忌とされています。
服用しなくとも、触れるだけで皮膚からその成分が入り込み、おなかの胎児に障害を残すのです。
妊娠中・授乳中の方だけでなく妊娠の可能性のある女性がいる場合、薄毛治療は違った形で進めた方がよいでしょう。
万が一の場合、おなかの男児の生殖器が形成できず、正常に発育できなくなる可能性があります。

フィナステリドは女性だけでなく、男性の性器にも影響を及ぼします。
男性不妊症や精子の数の減少・勃起機能不全・射精障害といった副作用が起こることもあります。
それに恐ろしいことに、たとえ服用をやめても男性機能が回復しないままとなってしまう危険性だってあるのです。
たとえ今は決まったパートナーがいなくとも、将来的に子作りをしたいと考えているのであれば手を出すのはやめておきましょう。

確かに、プロペシアは効果の高い薬です。とはいえ、危険も高すぎるのです。
生活習慣の改善やシャンプーのやり方の改善など、日々の生活の中でも薄毛の原因は潜んでいます。
わざわざ危険な薬に頼らずとももしかしたら薄毛を改善できるかもしれません。
それに、服用を始めたらずっと使い続けなければ効果は持続しない以上は金銭的な負担もあります。手軽に手を出してよい薬ではないのです。

プロペシアは妊娠中の子供が障害児になる原因になる?

このような危険性のあるプロペシアですが、さらに進んで有効成分フィナステリドは妊娠中の女性が触れると、男性器の発育異常以外に胎児に障害が出るリスクもあるのでしょうか。
フィナステリドの影響で障害児が生まれたと言った報告は国内を含めて、公表されていません。
そのため現時点では障害児の出産とフィナステリドの影響との間の因果関係は明らかになっていないのが現状です。

ただし、AGA治療を行う年齢層の男性は、ダウン症などの障害児を産む傾向が強くなる兆光年以上の女性をパートナーにすることが多いため、プロペシア服用が何らかの影響を及ぼすのか否かについては、未解明の部分が多い点も指摘することが出来ます。

またプロペシアの副作用として前述のように精子量の減少や勃起機能障害などは臨床現場でも確認されているだけでなく、精子の奇形をもたらす可能性があることも臨床実験で確認されています。
そのような事情があるため、奇形の生死が影響して何らかの障害の可能性も、否定できないのです。

翻って米国では、FDA(アメリカ食品医薬品局)では、胎児への催奇形性の懸念があるため、フィナステリド成分を含むAGA治療薬服用中の男性は、性行為を行う場合には必ず避妊具を使用する旨を警告しています。
目下のところ、FDAでは1998年以降、フィナステリドの子供の障害についての影響の研究が行われていますが、明確な影響を指摘した報告は出ていません。

しかし数年後には新たな事実が判明し、障害への影響についての警告が追記される可能性はゼロではありません。
胎児への影響の全容が依然として明らかでない現況では、パートナーと子作りを予定している男性は、プロペシアの服用を回避するのが賢明です。