フィナステリドの副作用で体毛に影響が出ることも

AGAの治療に有効とされる成分であるフィナステリド。この成分は特定の酵素を抑制し、ジヒドロテストステロン(DHT)の生成を阻害する効果があります。
AGAはDHTが髪の成長を妨げることが原因なので、フィナステリドでDHTの生成を抑制することでAGAの改善効果が期待できるのです。

しかしフィナステリドでDHTを抑制してしまうと、悪影響が出る部分もあります。
それが髭です。DHTは髪の毛の成長を阻害します。
一方胸毛・すね毛・髭等の体毛に対しては、成長を促進させる効果があります。
フィナステリドによってDHTを抑制してしまうと、体毛が十分に成長できなくなってしまいます。すると髭等の体毛が薄くなってしまいます。

一方AGA治療薬を服用すると、胸毛・すね毛等の体毛が濃くなるといった副作用が出ることもあります。
これはAGA治療薬に含まれる成分が原因となります。AGA治療薬にはフィナステリドをはじめ、様々な成分が含まれています。
その中には毛根に栄養が行きわたりやすくなるよう血行をする成分が含まれていることもあります。
もし血行を促進する成分が含まれていた場合、その成分が毛根を刺激し、体毛が濃くなることにつながります。

一方、フィナステリドは男性ホルモンの一種であるDHTを抑制する働きがあります。
そのためフィナステリドそのものが体毛を濃くするという副作用はありません。
しかしフィナステリドを服用することで勃起不全などの副作用が生じ、そのことがストレスとなって体毛の濃さにも影響が及ぶことがあります。

このようにAGA治療薬を服用すると、胸毛・すね毛・髭等の体毛が薄くなったり、濃くなる可能性があります。
ただしこれらの副作用が生じるのは、飲み薬の場合です。飲み薬の場合、薬に含まれる成分が血流に乗って全身に運ばれます。
フィナステリドが含まれている場合は全身のDHTに作用しますし、血流を促進する成分が含まれていたら毛根の成長につながります。
そのためAGAを飲み薬で治療する場合は、全身に副作用が現れやすいといえます。

フィナステリドで体毛が濃くなった場合の対処法

AGAの治療を行う過程で、体毛が濃くなることがあります。この時の対処法としては、主に3つ挙げられます。

まず最初に挙げられるのが、薬のタイプの変更です。AGA治療薬には、外用薬と内服薬があります。
内服薬の場合、AGAの改善に有効な成分が血流に乗って髪まで運ばれます。
この時AGAに有効な成分が全身に回ることで、胸毛やすね毛等の体毛に影響を及ぼす可能性があります。
一方外用薬は、頭部に直接薬を塗布します。すると薬の効果は髪に対してのみ現れ、全身に副作用が出る可能性は低くなります。

次に対処法として挙げられるのが、薬の成分を確認することです。
AGA治療薬で体毛が濃くなる原因は、血行を促進する成分です。
つまり血行を促進する成分が含まれていない治療薬を選べば、体毛が濃くなる危険性も少なくなります。
ただし血行を促進する成分は他の薄毛・脱毛にも効果を発揮しますが、フィナステリドはAGAに対してのみ効果を発揮します。
そのため自分の薄毛・抜け毛の原因は何かはっきりわかってから、治療薬を選ぶようにしましょう。

そして副作用がどうしても気になる場合は、一度服用を中止するのも一つの対処法です。
フィナステリドは男性ホルモンの一種であるDHTを抑制します。すると人によっては、副作用として勃起不全が現れることがあります。
もし勃起不全に対してストレスが強まると、体毛が濃くなる可能性もあります。

他にもフィナステリドを服用することによって髭が薄くなる等、体毛に様々な影響が及ぶことがあります。
そのため副作用がどうしても気になる場合は、一度治療薬の服薬を中止しましょう。
ただし治療薬を中止するということは、AGAに有効な成分を補うことをやめる、ということも意味します。
つまり薬の服用を中止することで、AGAが悪化する恐れもあるので注意が必要です。