AGA治療薬として使われているものとしてフィナステリドがあります。
フィナステリドを服用することによって抜け毛の原因を取り除くことができるというもので発毛効果は認められないものの原因を取り除くことにより多くの人のAGAが改善される薬です。
しかし一方でフィナステリドは副作用も懸念される薬としても知られます。
その中でもよく聞かれる副作用が性欲減退ですが、適切に使用すればフィナステリドの副作用はそれほど怖いものではありません。

フィナステリドで性欲減退が発生する理由

性欲減退した人のイメージ模型フィナステリドで起こる副作用としては性欲減退のほか性機能へのダメージあります。
これはフィナステリドの添付文書にも書かれていることであり、一定のリスクとして許容しなければなりません。
この理由としてはフィナステリドの働きによるものです。
フィナステリドは5α-還元酵素阻害薬と呼ばれるもので、この5α還元酵素阻害薬というのが男性ホルモンに影響するものです。

男性ホルモンとしては代表的なものがテストステロンというもので、このテストステロンが分泌されることによって男らしい身体が作られていきます。
一方でこのテストステロンが5α-還元酵素によってDHT(ジヒドロテストステロン)と呼ばれる男性ホルモンに変化します。
このDHTの働きのひとつにTGFと呼ばれる成長因子のひとつであるTGF-βを増やす作用があり、このTGF-βが毛母細胞の分裂を抑え、その結果、抜け毛の原因になると考えられています。
フィナステリドそのものはあくまでもDHTの生成を阻害するのが目的の薬であり、その作用は男性ホルモンそのもの減らすものではありません。
フィナステリドを服用すると副作用として男性ホルモンそのものが低下することがあり、これが性欲減退や性機能の低下につながっていると考えられています。

この男性ホルモンが低下する原因は現在のところは判明していませんが、考え方としてDHTの生成を抑制することによって男性ホルモンのテストステロンが過剰になるということです。
DHTもそれなりの理由があって生成されているわけで、これを阻害することでDHTになるはずのテストステロンが過剰になり、体内の男性ホルモンのバランスを整えるために男性ホルモンの分泌量が低下します。
この結果副作用として男性ホルモンの減少による性欲減退や性機能の低下が起こると考えられています。

ただこれら副作用の起こるメカニズムは解明されていませんから誰もがこのケースに当てはるというわけではありません。
安全性の評価試験でも2%未満の発症ですから殆どの人は副作用を感じることなくフィナステリドを使用しています。
しかし、フィナステリドを使用する以上は男性ホルモンに作用するため性欲減退や性機能の低下などの副作用のリスクも考えておく必要があります。

フィナステリドの服用が原因で精子にダメージがある?

フィナステリドの服用が原因で精子にダメージがあるかといわれると、可能性はゼロではありませんから起こりうる可能性のある副作用として認識しておく必要があります。
実際にフィナステリドの添付文書の副作用の欄には1%未満の項目に勃起機能不全、射精障害、精液量減少が記載されています。
1%から5%未満には性欲減退があり、また頻度不明では睾丸痛、男性不妊症、精液の質低下(精子濃度の減少、無精子症、精子運動性低下、精子形態異常など)が記載されています。
このため、精子へのダメージがゼロではありません。
その結果として、生殖器への影響はゼロではなく精子の質の低下のほかにも勃起力低下なども副作用として懸念されています。

これらの副作用が起こりうる原因としては男性ホルモンへの影響によるものと考えられており、これはすなわち過剰になったテストステロンにより睾丸の機能低下が直接的な原因と考えられます。
しかし精液の質低下は不妊症にもつながるため非常に厄介な副作用といえ、このため安全性を考慮して子供を作りたい場合にはフィナステリドの服用を控えるように指示されるケースもあります。

ただ現実として性機能よりもAGA治療を優先したいといった場合には、この性機能の低下はそれほど問題になるものではないともいえます。
むしろフィナステリドの副作用として身体に与えるリスクが高いのは肝機能の低下です。
肝臓は生命を維持する上で欠かせない臓器であり、取り込んだ栄養を代謝し、また有害な物質を解毒し、胆汁の生成と分泌が行われています。

フィナステリドをはじめとした薬の成分も肝臓で代謝されるのですが、薬を服用することは肝臓に負担をかけることになり、フィナステリドも同様です。
肝臓の負担が大きくなると肝機能が低下してしまい身体中にあらゆる影響が出てしまいます。
特にフィナステリドの場合には継続的に服用しなければいけない薬ですから、影響が出やすいので注意が必要です。
このため、定期的に血液検査をするなどして肝機能が低下していないか確認しながら使用することが求められます。

フィナステリドが処方箋薬となっているのもこれら副作用のリスクがあるためで副作用を最小限にするためにも、医師の指示のもとに、また副作用の内容も予め認識した上で服用することが大切です。

フィナステリドで性欲減退が起きたらED治療薬を使う

フィナステリドで性欲減退が起きた場合にはフィナステリドの服用を中止するのがベストな選択かもしれませんが、ED治療薬を使うという方法で性欲減退やペニスの勃起力を補うという方法があります。
ED治療薬としてはバイアグラなどが知られますが、いずれも作用としては勃起を収めようとする酵素の働きを阻害することによってペニスへの血流を増やすことにより勃起をしやすい状態にするというものです。
このためED治療薬を服用することによって少しの性欲によっても勃起しやすくなり、このため性欲減退が起きても勃起力を取り戻すことが可能になります。

フィナステリドとED治療薬は作用の仕組みが異なるため、併用することが可能です。
このためフィナステリドによって勃起力低下が見られた場合にはED治療薬を処方するクリニックも多くあり、副作用が出た場合の対症療法としても使われています。
ただし、ED治療薬ではあくまでも勃起力を高める効果しかありませんから精子の質に問題がある場合には注意が必要です。
単に性行為を行うだけであればED治療薬を使うことに問題はありませんが、もし子供を作るといった場合には精子の状態を検査した上で使用するか決める必要があります。

このような関係から精子の質に問題がなく勃起力低下が見られた場合にのみED治療薬を使えば、副作用にED治療薬で対処して性機能を一時的に取り戻すことができます。
性欲減退に関してはED治療薬で改善することは難しいというのが現状です。
性欲減退の理由は、多くは男性ホルモンの低下が考えられ、男性ホルモンを増やすような治療を行わなければなりません。
ED治療薬では男性ホルモンは増えませんから、男性ホルモンを増やそうとした場合には精力剤や精の付く食べ物を取るといったことや運動療法などが重要になってきます。

いずれにしても軽度の性欲減退であればフィナステリドなどのED治療薬でも十分に状態を改善することができます。
重度のEDとなった場合にはフィナステリドの使用を停止するように求められるのが一般的なクリニックの判断です。
また重度のEDになるということはフィナステリドが身体に対して過剰な反応を起こしているとも考えられるので使用は中止する方が体内のホルモンバランスを保つためにも大切になります。